なんがでっきょんな?

雑記以外のなにものでもない



【留学体験談】サンフランシスコ留学の話【Part3】

www.whateverboy.com


に続いて、今回は語学学校のクラスや授業について書いていきます。



語学学校の授業について


語学学校の授業はクラス単位で行われる授業と、自分で重点的に学びたいスキル(スピーキングやヒアリングなど)を選ぶ授業で構成されていました。クラスは、英語力ごとに分かれており、自分は殆ど真ん中のクラスでした。レベルでいうと日本の高校で習うレベルの英語が怪しい人が学ぶくらいのレベルです。英語を高校以来、全く勉強していない大学生の英語レベルはそんなもんです。


学校全体で日本人は10人くらいで、一番多い人種は韓国人で、次いでブラジル人、タイ人、サウジアラビア人でしょう。たの語学学校でも割合は違えど、大抵このへんの国の人が多いでしょう。


個人的にはブラジル人、サウジアラビア人、タイ人、韓国人、台湾人の人は仲良くなりやすかったです(殆どの国ですが・・・)フランス人の方は個性的な人が多かったように思います。話してみて一番面白いのもフランス人ですが・・・。



英語が上達しやすいクラスの雰囲気というものは確かにある、と私は思っています。入学当初はおとなしい雰囲気のクラスだったので、あまり上達が感じられませんでした。その次のクラスのメンバーが皆話し好きで、面白いことを言い合うのが好きな人たちが多かったので、自分も雰囲気に乗せられて話すことができたので、非常に英語の上達が早くなりました。

一度、そういった雰囲気のクラスを体験すると、他のクラスに移ってもクラスの会話を引っ張っていくことができます。その結果、飛躍的に英語の力が、特にスピーキングの力が伸びたように思います。


留学中の挫折


私が留学中に、一番挫折感を感じたのは初めての課外活動の時でした。


学生時代は、自分で農家の方にアポイントを取って、会って、畑を借りて農業をしました。


f:id:sukiyaki3205:20180618231831j:plain


その他にも学生団体の活動も盛んに行っていたので、行動力や社交性にはある程度の自信がありました。しかし、初めての課外活動の時に自分でも信じられない行動を取ってしまいました。


語学学校には課外活動と言いますか、学外イベントのようなものがありました。強制参加ではなく、参加したい学生が有志で参加できる、学校主催のツアーや映画鑑賞、パーティーといったイベントがありました。


私は学校3日目くらいに、そのイベントの存在を知り、友達を作ろうと思い参加しようとしました。しかし、当日になると、どうしても緊張していまい、結果的に参加しないまま自宅に帰ってしまいました。


日本で大学生をやっていた頃の自分ではあり得ない行動でした。新しい環境や人に、これほどビビってしまう人間だったのかと、大げさな言い方にはなりますが、少し自分に失望してしまいました。

挫折のその後


その挫折から、次の日、またイベントに参加するチャンスがやってきました。

昨日のような思いは二度としたくないと思い、これからのイベントには全て参加してやろうという意気込みでいました。自分は、迷わずに、参加を表明し、知り合いが全くいないイベントに参加しました。


イベントでは知らない人でも、つたない英語ではありましたが積極的に話しかけていきました。友達ができたか?と言われると微妙なところでしたが、自分に自信が取り戻せたという点では、参加してよかったなと今でも思います。


この時の自分は、今後イベントは常に友達に誘われていくようになるとは、全く思っていませんでした。語学学校で友達ができるかどうかとかは、全くの杞憂ということです。



f:id:sukiyaki3205:20180618233104j:plain

f:id:sukiyaki3205:20180618233118j:plain


ちなみに留学当初は本当に友達がおらず、ソロ活動に終始していました。春先から秋口のサンフランシスコは毎週のように、どこかでイベントをやっています。そのイベントに一人でたくさん行ってました。行き先で語学学校の人と会うと、なぜか気まずかったですね笑。日本人ならなおさら笑。


f:id:sukiyaki3205:20180618233350j:plain

f:id:sukiyaki3205:20180618233407j:plain

f:id:sukiyaki3205:20180618233359j:plain

ソロ活動もそれなりに充実していました。実はこの時に色々なところに遊びに行っていたことが、この後の自分の留学生活に大きく影響しました。


友達がいなくても、一人でも楽しんでやろうという姿勢が大事なのです!


またこの時すでに、留学中に付き合うことにある女性とも出会っていました。そのことについては次のパートあたりでかけたらなあと思います。

【留学体験談】サンフランシスコ留学の話【Part2】

大学3年生が終わった後に、アメリカのサンフランシスコに1年ほど語学留学に行ってきました。その留学中の出来事や、体験したことを書いていきます。

前回までで、留学に行くことを決めたきっかけ、留学に行くまでの準備について書きました。今回は、留学に行く当日からの出来事を書いていきます。

行きの飛行機の中で高山病にかかる

サンフランシスコに行く前日は興奮しすぎて、全く寝ることができませんでした。

昼に地元から高速バスで大阪まで行き、大阪の関西空港から羽田空港に飛び、そこで深夜のサンフランシスコ行きの便に乗る、というスケジュールでした。


寝不足にもかかわらず、道中寝ることもなく、当時はなぜか羽田空港でご飯を食べようと思っていたらしく、夜遅くについた羽田空港はほとんどのお店が閉まっており、食料を調達することができませんでした。

結果的に、寝不足と空腹で深夜の飛行機に乗ることになりました。


夜中になって、問題なくサンフランシスコ行きの飛行機に乗り込み、機内では寝ずに何時間もぶっ通しで映画を観ていました。国際線の機内の映画って、結構いい品揃えなんですよね。


そんな体調を顧みずに機内でも過ごしていると、着陸数時間前になって、急に自分の体に異変が生じました。


貧血のようなめまいと、吐き気、腹痛が、なんの前触れもなく急に襲ってきたのです。予期せぬ体調不良にパニックになった僕は、CAさんに体調の異変を伝えることもできず、ただただジッと縮こまって耐えていました。


頭の中では「どうしよう、このまま留学に行けないのかなあ」とか「現地についていきなり病院送りか」とか考えていました。


ジッと耐えて数十分、運ばれて来た機内食を口に運ぶ程度の余裕は出てきました。ご飯を食べると体も力が湧いてきたのか、着陸する頃にはすっかり良くなっていました。


f:id:sukiyaki3205:20180613010621j:plain

写真を撮る余裕もありました。
機内から見たサンフランシスコです。


後々になって調べてみると、体調が良くない状態で飛行機に乗ると、稀に高山病にかかることがあるみたいですね。


f:id:sukiyaki3205:20180613010704j:plain


長時間のフライトだと、途中で軽食も出るようです。


f:id:sukiyaki3205:20180613010713j:plain


この経験をきっかけに、飛行機に乗る前日はしっかりと睡眠と食事を摂るようになりました。


語学学校について


私が入学した語学学校はサンフランシスコ市内にある「Intrax」という語学学校です。今はもう無くなりましたが、いい語学学校でした。他の語学学校と違い、学校のプログラムでアメリカの会社にインターンをすることができました。

f:id:sukiyaki3205:20180617231151j:plain


日本と同じように、履歴書のようなものを書き、面接を受けてアメリカの会社のインターンに参加します。そのための練習をする授業がありました。


インターンというのはアメリカのVISAの規則上、グレーゾーンの制度らしいです。詳しいことはわかりませんが、インターンをするために日本の学生がアメリカに滞在することは、おおっぴらに許可されてないようなのです(その当時はですが・・・)


学校の先生は(基本的には)いい先生が多かったように思います。しかし、特別に教員資格というものがなく、アルバイト感覚で先生をやっている人、先生の経験がない人も多くいました。中には元俳優や、元消防士、元学生もいて個性的といえば個性的でしたが、癖のある先生も多かったです。


それはそれで、私はそんな先生たちが好きでしたが・・・。


f:id:sukiyaki3205:20180617231722j:plain


実は学校の写真は全く撮ってないんですよね・・・。短すぎてというか、当たり前の存在すぎて全く写真に収めていません。今になってお思うのは、もし留学に行くのならば、自分にとって当たりまえの存在こそ写真に残しておくべきだということですね。

ホストファミリーについて


留学先での滞在方法はいくつかあります。

友達同士でシェアハウスを借りるか、学生寮がホームステイです。私は、学生同士でずっとつるみたくなかったのと、アメリカの文化をもっと身近に感じたかったので、ホームステイを選びました。


アメリカ人の夫と、フィリピン人の妻、あと2匹のファミリーにホームステイしました。非常に親切な人たちで、普通は長期の滞在の場合はいくつかのファミリーを渡り歩くみたいですが、私は9ヶ月の間、ずっと彼らの元で過ごしました。


中には「ハズレ」のホストファミリーも存在するようです。実際、現地ではそんな「ハズレ」のファミリーの話をたくさん聞きました。結果的にハズレを引いた人たちは学生寮に移り住んでいました(しかし学生寮のルームメイトにも当たり外れはある・・・)


そう考えると、私はとても運のいい部類だったんだなあと感じます。


f:id:sukiyaki3205:20180617232516j:plain


ホストファミリーの家で最初に食べた朝食です。私のところでは、朝ご飯と晩御飯は作ってもらえて、朝食にはパンやらフルーツ、シリアルや昨晩の残りの中から好きなものを選んで食べてもいい、という方式でした。昼ごはんは自分で学校の近くのレストランで食べなければならいのですが、朝食を多めにもらっといて、学校に持って行って食べたりもしていました。


f:id:sukiyaki3205:20180617232838j:plain


f:id:sukiyaki3205:20180617232852j:plain


ホストファミリーの家はサンフランシスコ市内から地下鉄で20分くらいのところにある、グレンパークという地区にありました。閑静な住宅街で、非常に過ごしやすいところでした。


家の近くには大きな公園のようなところがあり、体型維持のために毎朝走りに行っていました。


家族も、住む地域も自分にとって非常に心地のいいものだったので、満足いく海外生活だったように思います。


では、「ハズレ」のホストファミリー、自分には合わないホストファミリーに当たった場合はどうすればいいのでしょうか。

結論から言いますと、語学学校に相談しましょう。語学学校の多くは学生のためのホストファミリーを斡旋しているところが殆どです。留学のエージェントに斡旋してもらってもいいですが、彼らのコネクションには限界があります(誤解を恐れずにいうと、彼らも、ただの現地駐在の日本人なので・・・)


「ハズレ」のホストファミリーの多くが、留学エージェントが斡旋したホストファミリーでした。反対に私のホストファミリーは語学学校に斡旋してもらいました。語学学校の先生(現地のネイティブの人たち)の方がコネクションの多さや、信ぴょう性の高さは、日本の留学エージェントに比べると圧倒的です。


困った時は語学学校の先生に相談してみましょう。



長くなりそうなので、今回はここまでです。
次の記事では語学学校の生活について、恋愛について書いていこうと思います。

スポーツチームのファンの話

僕は広島カープっていうプロ野球チームを応援してんねんけど、熱狂的なファンというやつが全く理解できへんねん。いや、そんなもん一々いうもんやないと思うねん。けど、ブログってそういうきもちとか考えかたを吐露する場所でもあるんやろ?やから、聞いて欲しいねん。



一応、僕は曲がりなりにも広島カープのファンやから、何かを応援するきもちはわかるねん。自分の応援してるチームが強くて、ゲームに勝っていくと、自分も強くなっていくような、満たされるような気持ちになるのも、なんとなく理解できるわ。自分の仕事やらなんやらの諸々が上手くいってなくても、自分の贔屓のチームが勝つだけで、何か救われたような気がするやろ?それが、何かを応援させる、一つの原動力でもあると思う。

もっというと選手個人を応援するのは、自分とその選手を重ねてる人もおるはずやねん。くすぶっている選手とか、僕はよく自分と重ねて応援してしまいがちやわ。そんな選手が打席に立つだけで、自分まで緊張するし、活躍すると嬉しいを通り越して感動する。



そこまではな、そこまでは僕も理解できるねん。


でもそれ以上が僕には理解できへんねん。


それは、チームが負けると不満をSNSに不満を垂れ流す人や、一部の選手をひどく叱咤する人たちのことやねん。僕はこの人たちを見ると、すごいやな気分になる。正直、何様のつもりなんやろう?って思ってしまうわけや。


僕はFacebookで広島カープのファンページみたいなのに入ってて、最初は良かったんやけど、チームが負けるとすんごい、語っている人が出てくるわけ。采配があーだこーだとか、あの選手が気合い入ってないとか、もうチャンスはないぞとか、とになく言いたい放題。

そんなんを見るとさ、「え?なんなん君は?」って気持ちになるわけよ。「ほんでそんなこと言う君は、君は何か頑張ってるん?」そんなことを思うねん。チームが負けるとな、そら残念な気持ちになるんはわかる、でもそこまで言うんはようわからんわ。そこまで、チームに入れ込んでるっていう証拠なんかもしれんけどさ、もっと、自分の人生を見つめて欲しいとも思ってしまうわ。


まあ、そんなこんな不満は言うてるけど、そこまで入れ込められる人が羨ましくもあるねんな。そんだけ応援できるものや、情熱を注げるものがあるっていうのは幸せなことなんやとも思う。やけど、それをマイナスな方向に持っていかないようにせなあかんね。



可愛さ余って憎さ倍増、ってのはあかん、ってことやな。

商社に勤める社会人が思う、貿易実務検定C級は仕事の役に立つのか?

f:id:sukiyaki3205:20180527203705j:plain


私は現在、青果物の輸入、販売を行っている商社に勤めています。


業務としては営業を主に行っており、貿易関係の業務に直接かかわっているわけではありません。主に、国内の販売を行っているため、英語を使用する機会もありません。


私は、入社前に貿易実務検定のC級を受験しており、合格しています。会社のお金で受けた試験であり、会社の人事部から入社して役に立つから、という理由で受けさせられました。

www.whateverboy.com

www.whateverboy.com

試験自体はごく基本的な知識を問うもので、要領のいい人や、貿易に関係する勉強を大学で行ってきた人なら、労せずに合格できるレベルです。

さて、こんあ貿易実務検定ですが、実際の貿易をおこなている商社の仕事では役に立つのでしょうか?

営業職では必要無いでしょう

結論から言いますと、営業職には必要の無い資格といえるでしょう。貿易の知識を持っていることに越したことはありません。しかし、貿易の知識よりも、商品自体の知識や、英語の技能を伸ばした方がより、自分の将来にプラスになるでしょう。

私も、普段の仕事で貿易実務検定で得た知識を使う機会は少ないです。社内での輸入〜販売までの業務の流れ、ものの流れを理解することに役立ちましたが、それくらいのものです。むしろ、国内営業と言えども、英語に関する資格のほうが役に立っています。

貿易実務検定は、営業職から、貿易関係の事務職や処理を行う部署に異動したいのであれば、有効な資格となるでしょう。

貿易に関わる事務職では必須と言えるでしょう

一方で、貿易関連の事務を行うのであれば必須ともいえるでしょう。私も新人の頃に貿易に関する事務を少しお手伝いしました。その時に貿易実務検定で得た知識が非常に役に立ちました。

一つのワードを知っていると、知っていないとで全く仕事の捗り方が違います。

もし、自分の入社後の配属先が貿易と密接に関わっている部署であったりする場合には、貿易実務検定を受験して、資格を得る意義はあると思います。

優先順位は高く無い資格

資格の習得を、役に立つ、立た無いでのみ考える必要はありませんが、せっかく自分の時間を投資するのであれば、より将来の役に立つ資格に時間を費やしたいですよね。

貿易実務検定は、貿易に深く関わるような部署であるならば優先順位の高い資格とも言えます。
しかし貿易を行っている会社の中でも、営業職や貿易に直接関わら無いような部署で働いているのであれば、特別必要とはい無いでしょう。

貿易を行うような会社で勤めているのならば、英語の能力を伸ばすことのほうが、より将来に役に立つでしょう。他業種に転職した場合も、英語の技能は活かせるでしょう。幅広い業種で役立てるという意味では、簿記検定もオススメの資格です。

社会人になるまでに感じた国立大学のイメージ

 

f:id:sukiyaki3205:20180527134802j:plain

大学に対するイメージの話

 

日本大学は今一番、旬な大学と言えるかもしれません。アメフトのタックル問題から、今までも対応で、悪い意味で目立ってしまっています。

 

さて、大学のイメージというものは学歴社会の日本ではいつでも、ついて回る問題です。東京大学や京都大学をでました、というと「ああ、頭が良いんだなあ」という印象を持つはずです。

 

上の例は実際に学力が伴うので、あながち正しい認識とも言えますが、世の中には大学の「イメージ」だけで語られることも少なくありません。

 

例えば、青山学院大学や、関西学院大学は「おしゃれ」や「お金持ち」のイメージがあるでしょう。一方で「明治大学」や「関西大学」には「庶民的」なイメージをお持ちのかたもいるでしょう。これは、そういうイメージにそう学生もいますが、全員がそういうわけではありません。基本的には、大学には「いろいろな人」がいます。

 

そういうわけで、大学の実情に伴ってないイメージというのも存在します。それが良いようにも、悪いようにも捕らえられているイメージが存在するのが現実です。

 

世の中の国立大学のイメージとは?

 

私は、地方の国立大学を出て、東京の会社に就職しました。

 

世の中、ある程度渡り歩いてみて「国立大学」に対するイメージは「悪くないな」という風に感じています。

 

東京や関西の私立大学や、東京大学、京都大学は一般的に広く認知されている一方で、世の中の国立大学に対する認知は低いように感じます。

 

国立大学を幾つか挙げてみて、というと東京大学、京都大学、大阪大学・・・?というような風に、いくつも上がらないでしょう。県名+大学で当てずっぽうで出せるかもしれませんが。

 

しかし、「国立大学」そのものの存在は知られているようです。大学を出ていない人でも、国立大学の存在は知っているというのも多い印象を受けます。

 

国立大学に対する就職時のイメージ

就職活動の際に、国立大学ってどういう風に思われているのでしょうか。私の実体験を元に箇条書きしていきましょう。

 

企業の方からのイメージ

・真面目

・勉強を頑張った

・コツコツ頑張れる

・頭がいい

 

基本的にはいいイメージを持たれています。就職活動においては、「国立大学」というのはプラスに働きます。しかし、就職活動が非常に有利になるというわけではありません。国立大学にもランクがあることは勿論ですが、就職活動の面接等では人をみられます。決して、学歴だけで就職が決まることはありません。

 

周りの学生のイメージ

・頭がいい

・協調性がある

・地味、おとなしい

 

就職活動では、他大学の学生と関わる機会も多いでしょう。グループディスカッションの前に「大学名」も含めた自己紹介をすることもあるでしょう。

 

そういった機会に国立大学出身ですというと、大抵、頭いいんだねーという印象を受けてもらえます。だからといって、グループディスカッションが上手くいくかは関係ありませんが・・・。

 

あとは、都会の学生から見ると地方の国立大学は地味とかおとなしいというイメージを持たれているようです。実際、地方の国立大学出身の学生はおとなしい人が多いと思います。一方であまり自己主張をしない人が多いため、協調性も備えている傾向にあります。

 

一般的な国立大学のイメージ

社会人になって出身大学名を言うと、「国立大学?」と聞かれることが多々ありました。その度に国立ですと伝えてきました。大半の方の反応が

 

「へ〜頭いいんだね〜」

 

という反応でした。それ以上でも、それ以下でもありませんでした。

 

わるい印象を受けることは一度もありませんでした。頭がいい、真面目というのが世間一般の国立大学に対するイメージのようです。

 

 

 

会社に勝って、会社を辞める話

 

いま社会人の2年目なんやけど、最近転職のことを考えるようになってきたんよなあ。
世の中の2年目くんや2年目ちゃんたちも、同じようなこと考えてるんやろかなあ。


仕事が辛いとか、人間関係がめんどくさいとか、その辺のところが極端に悪いとかそんなことは全くないんやけど、なんとなーく「僕はここでは長く働かんのやろなあ」って思うんよね。

やりたいことってのを自分なりに持ってるねん。でもそれを今の会社で実現しようとは全く思ってなくて、自分のしたいことをするときは、それこそ独立に近いような形になる気がするねん。


まあそれはいいとして、


ちょっと視点が変わるんやけど、会社を辞めるときには、会社に勝ってから辞めたいと思ってる。


会社に勝つってどうゆこと?っていうと


ようは、会社からもらってる給料以上のお金を、自分の副業やらなんやらの方法で稼ぐってことやと僕は思ってる。今って、僕ら会社で働いている人間は、会社にお金をもらって生きてるわけや。


会社を辞めたら、お金はもちろんもらえへん。そしてら生きていけんくなるわけや。まあ、親のすねをかじるとか色々逃げ道はあるんかもしれんけど。大半の人は、お金のために会社を辞められない状況でもあるわけやと思うわ。


そんな状況は、多分会社に負けてるんやと思う。


会社に対して不満があって、自分は寝る間も惜しんで時間を会社に捧げて・・・。
こんな自分、会社にとってはかけがえのない存在やねんで?って会社に言ってやりたい。
こんなに働く自分は、転職しようと思ったら色んな会社から声がかかるやろなあ。

やっぱ自分は会社にとって貴重、やから会社に勝ってる。


そんな風に思うはずや。
でも、会社から急にバイバイされたら、すんごい困るんは会社やなくて自分のはずや。



やっぱ会社に負けてんねん。



ものすんごい、極端な考え方なのは重々承知やねんけど、どうしても、会社を辞めるときには、すでに会社の給料分のお金をすでに稼げてる自分でいたいといっつも考えてる。

いつか、いつか、会社からもろてるお金以上に自分で稼げていて、いつでも自分から会社に対してバイバイが言える。そんな「いつか」をいっつも夢見てるわ。会社のトイレや、通勤中の満員電車の中で、寝る前に。



まあ、いつになることやら、やねんけどね。

今日はもう寝て、明日から会社でのお仕事がんばりますかー。

ブログ初心者が100記事書けって話

僕がブログ初めたてのころ、よくブログ論とかそういうのを読んでいたわけ。
特にアフィリエイト関係のやつ。お金欲しいじゃん?やっぱり。

そしてらさ、大抵のブログがよちよち歩きの初心者にこう言うの。

「まずは100記事書け」


なんで?


文章を書く練習?
そんなもん、これまでの人生でそこそこ書いてきとるやろ。小学校から大学生、社会人、今の今まで書いてきてるわけやし。いまさらやない?


でも100記事書くと見えてくるものがあるらしい。
そこまで明確にいうてくれてないけど、書いた人にしかわからん何かがあるとみーんな言ってる。

こんかいはその「なにか」、サムシングを、僕なりに感じたことを報告しようと思う。
結構真面目な話やで?


僕が100記事書いたのは、2〜3年前のとき。大学生のころ。
2ヶ月くらいで達成したわ。雑記ブログやった。

で、そんときにどのくらいアフィリエイト収入があったかというと、年間1万円くらい。


ショッボ!っておもうやる?


でもこの1万円がきもやねん。

このお金、誰が稼いだとおもう?

いや、どの記事が稼いだとおもう?

グーグルなんとかやっている人ならわかるやろ、
読まれる=お金になるねん(突き詰めるとちゃんやろうけ、初心者はそこまで気にせんでええ!)

自分の記事見てみ、
実際、ブログでたくさん読まれている記事なんて2〜3記事やろ。

1番が全体の50パーを占めて、2番が30パー、3番10パーとかそんなレベル。
ものによっちゃあ、1番読まれている記事が、年間の閲覧数、お金のほとんどを稼いでいる場合もあるねん。

そこに気づくことに意味があるんよ。


じゃあじゃあ、年間10万欲しいってなるやん?
そしたら100記事の10倍、1000記事書いたらええかっていうと、そうじゃないねん。
稼いでる1記事を研究して、稼げるやつ10記事書いたらええねん。

100万なら100記事や。

そーいうことやねん。

僕はそれに気づいたんが、ここ最近。

2〜3年放置しても、年間1万、こっそり僕の財布にお金をいれてくれるブログを見て気づいたんや。

いま、すっごいやる気出てる。
100記事書いたろう思うもん。100万のために。

で、この記事書いた。



でもこいつは多分、稼げへんわ⇦